スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北情

旅行をまとめるつもりが、パソコンのネットが不通。
気分屋さんでホント困ります。
ではでは。


プロジェが終わるころ、なぜか急に
オーロラが見たくなった。
お風呂が恋しくなった。
なんだか北の方に行きたくなった。
最近ヨーロッパにおける無駄な行動力。

結果 アイスランド行ってきました。


あまり身近でないアイスランドについて・・・

まずアイスランドはアイルランドとは別の国である。

・・・OK常識。

次、気候について。

アイスランドという国名からも年中氷に覆われている姿を
想像するでしょう。実際緯度は高く、国土の一部は北極圏
にもかかっています。
しかし、冬の寒さはそれほど厳しくありません。
同じ緯度の北欧諸国の2月の最低気温の平均が氷点下
20℃近くであるのに対して、アイスランドは氷点下3℃。
そー思ったほど寒くないのです。

なぜ寒くないのか・・

まず、火山島であること。
アイスランドを囲むようにして暖流(メキシコ湾流)
が流れていること。
などが挙げられる。
はい、ここテスト出るよー。

国崩壊の危機!?

もともとアイスランドは小国でありながら
ヨーロッパでも屈指の経済力を誇っていた。
しかし、サブプライムローン問題によるあおり
を受け、アイスランド経済は崩壊。
首相自らが国家の破産・存亡の危機に直面して
いると警告せざる得ないほど追い込まれた。

小国で島国。そして豊か。
漁業が盛ん。たくさんの火山。
そして温泉。
アイスランドと日本。
何となく似ている。。

アイスランド初日。

IMG_5036.jpg
アイスランド上空。
一面銀世界。

今回もユースホステルに滞在しました。
さすがリッチな国、ホステルはとてもきれい。
部屋に着くと同部屋にいたアメリカ人サントス
に話しかけられ、なんとなくオーロラについて
話を聞くと、なんと一週間前に山の頂上でオー
ロラを見たという。
受付のおばちゃんにからもユースホステル近辺の
海岸でオーロラがときどき見れるという情報を入手。
空を眺め、雲がないことを確認し、海岸へ。

IMG_5051.jpg
たまたま流れていた「戦場のメリークリスマス」を
無限ループで聞きながらオーロラを待つ。
神秘的な音色を聴いていると次第にオーロラが
あらわれてくる気がしてくる。
が、
氷点下の中、眼を凝らして空を眺め続けること30分。
結局オーロラが現れる気配すらなく、寒さが限界に達し退却。

IMG_5044.jpg
ユースホステルに戻ると先ほどのアメリカ人サントスに誘われ
なぜか卓球をすることに。
クラブに所属していたという彼はかなりのテクニシャンでした。
アイスランド一日目は卓球をして終了・・。

アイスランド二日目はゴールデンサークル。
スポンサーサイト

COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。