スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

始まりはストラスブール

ストラスブールはフランスとドイツの国境にある町。
僕の旅はここから始まった。

二つの国の境にあるこの街は、二つの国の間で
揺れ動き、ある時はフランスで、ある時はドイツであった。
だからフランスでありながら、ドイツのような木組みの建物
もあり、ドイツ文化も色濃く残っている。
ゆえに、クリスマスの時期になるとドイツの街にあるような、
クリスマスマーケットが町全体に広がり、イルミネーションと
ともに、まちに活気と彩りを与えている。
そしてなんといってもこの街はクリスマスツリーである
モミの木の発祥の地といわれているのだ。

クリスマスを巡る旅の出発点としては申し分もない地である。

IMG_2944.jpg
IMG_2947.jpg
IMG_2972.jpg
クリスマスの四週間前から街のイルミネーションや
クリスマスマーケット(日本のお祭りの屋台みたい)
がはじまる。
この日は火曜の午前だったが、朝からお店は
始まっていて、たくさんの人もいた。
多分半分は観光客だろうけど。

IMG_2973.jpg
IMG_2975.jpg
お店では木組みの家のミニチュアや人形などが
売られていた。
お店はたくさんあり、売られているものも様々だ。
どんな物が売られているかはのちのち。。

IMG_2985.jpg
もみもみもみもみもみもみもみもみもみもみもみもみもみもみもみ
・・・・・
もみすぎだ(笑)

IMG_2993.jpg
仮設のスケート場なんかもある。

ではそろそろ夜の街にでもくりだしてみますか。
IMG_3049.jpg
IMG_3051.jpg
大きなクリスマスツリー。
建物よりも大きいです。
IMG_3057.jpg
IMG_3062.jpg
IMG_3059.jpg
町全体がこんな感じ。
ひとりで同じところをぐるぐるぐるぐる回ってました。



スポンサーサイト

COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。