スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二日目 オリンピック、ニャー!!

二日目は後半の設計の対象敷地の見学に。
2012年のオリンピックはロンドンで行われます。
そこで街の中心から、六キロ外側に建てられるメイン
スタジアムに通じるストリートの提案を行うという内容。
降りしきる雨の中ひたすらロンドンの街を歩き回りました。

IMG_0975.jpg
あれは「30セント・メアリー・クロス」。
ピクルス用の小さなきゅうりを意味する「ガーキン」
とも呼ばれているらしい。
イギリスの建築家ノーマンフォスターの建てた建物で、
ロンドンには彼の建築がたくさんある。
建物の形自体が変わっていて、あまり見ない風景だが
意外にしっくりきていたのがとても不思議だった。

IMG_0987.jpg
今回の旅行で一緒に廻ったフローリーとユース。

IMG_0992.jpg
バスの中で五秒に一回のペースで外の風景を真剣に撮って
いたのがおもしろかったのでこっそりパシャリ☆

歩きすぎてくたくたになり、最終目的地のテートモダンへ。
途中アメリカ生まれの台湾人のデイビットと韓国人がはぐ
れていなくなった。
彼らのいないままテートモダンに到着。
(結局その日彼らの行方は不明。)
火力発電所をコンバージョンしてつくられた建物ということ
ロンドンでの楽しみの一つでした。

IMG_1016.jpg
先ほどのフォスターの設計したミレニアムブリッジを渡り、
川の反対側へ。
この橋から見えるロンドンの夜景はとてもきれかった。

IMG_1021.jpg
感想は発電所をいじったらまあこんな感じかなと。
期待が大きカたぶん期待以上かって言うとうーーん。
まあ多分ちょっと期待が大きすぎたのかもしれません。
ただ内部の大きな吹き抜けの空間は迫力がありました。

IMG_1027.jpg
ニャー!!
俺の皮を返せ。

大空間の中にある展示物をみて解散。
IMG_1034.jpg
帰りがけにイギリスのファーストフードの定番のフィシュア
ンドチップスを食べて二日目終了。
スポンサーサイト

COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。