FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リコーダーと白い犬

IMG_4336.jpg
土曜日にまた柳川に行きました。

今回で三度目です。

現在社会実験中で船の駅でチケットを売ったり

受け取ったり、駅長さんみたいなお仕事をしています。

朝10時から夕方の5時まで、一時間に一本来る船を待つ

ほんとにのんびりとしたお仕事です。

だからいって、暇で暇で退屈することはありません。

なぜかって?

IMG_4332.jpg

まず、僕がぼーっとしていると、このでっかい白い犬を

連れたおじさんが話しかけてきました。

この犬実は、プードルらしいです。

白くて、でかくてもこもこしていますが・・・

プードルらしいです。

そしてまた、

この飼い主のおじさんとても変っていて、突然、

「君は妄想をするかね。」と聞いてきました。

はいしますと答えると、今度は、

「妄想するときは、写真のように断片的になのか、

それとも映像のように連続的なのか」

と聞いてきました。

僕はなんか、妄想で映像ってなんか卑猥な感じがしたので、

「写真のようかな。」と答えました。

するとおじさんは、

「おれもなんだ。」

と言いました。

僕はこれ以上深くは突っ込みませんでした。

IMG_4329.jpg

次に、ローラースケートを履いて、リコーダーをもった女のこ

二人がやってきました。

彼女たちは何度も、リコーダーで覚えたての朧月夜をふき、

彼女たちは何度も、僕をいじって、

そして、あの白い塊を連れたおじさんと帰って行きました。

僕はなぜかどこに行っても子供にいじられます。

IMG_4340.jpg

IMG_4338.jpg

そのあとも、船頭さんたちと話したり

犬にガンつけられたり

その散歩中のおじさんやおばさんが、

立ち止まって話しかけてくれたり、

時にはお菓子とか差し入れをくれたりしました。

だから、全然ぼーっとする暇はなくて、

退屈する暇もなくて、

あっという間に一日は過ぎていきました。

そして、帰る頃には、

僕はこの街のことを

とても好きになっていました。


スポンサーサイト

COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。