スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北情

旅行をまとめるつもりが、パソコンのネットが不通。
気分屋さんでホント困ります。
ではでは。


プロジェが終わるころ、なぜか急に
オーロラが見たくなった。
お風呂が恋しくなった。
なんだか北の方に行きたくなった。
最近ヨーロッパにおける無駄な行動力。

結果 アイスランド行ってきました。


あまり身近でないアイスランドについて・・・

まずアイスランドはアイルランドとは別の国である。

・・・OK常識。

次、気候について。

アイスランドという国名からも年中氷に覆われている姿を
想像するでしょう。実際緯度は高く、国土の一部は北極圏
にもかかっています。
しかし、冬の寒さはそれほど厳しくありません。
同じ緯度の北欧諸国の2月の最低気温の平均が氷点下
20℃近くであるのに対して、アイスランドは氷点下3℃。
そー思ったほど寒くないのです。

なぜ寒くないのか・・

まず、火山島であること。
アイスランドを囲むようにして暖流(メキシコ湾流)
が流れていること。
などが挙げられる。
はい、ここテスト出るよー。

国崩壊の危機!?

もともとアイスランドは小国でありながら
ヨーロッパでも屈指の経済力を誇っていた。
しかし、サブプライムローン問題によるあおり
を受け、アイスランド経済は崩壊。
首相自らが国家の破産・存亡の危機に直面して
いると警告せざる得ないほど追い込まれた。

小国で島国。そして豊か。
漁業が盛ん。たくさんの火山。
そして温泉。
アイスランドと日本。
何となく似ている。。

アイスランド初日。

IMG_5036.jpg
アイスランド上空。
一面銀世界。

今回もユースホステルに滞在しました。
さすがリッチな国、ホステルはとてもきれい。
部屋に着くと同部屋にいたアメリカ人サントス
に話しかけられ、なんとなくオーロラについて
話を聞くと、なんと一週間前に山の頂上でオー
ロラを見たという。
受付のおばちゃんにからもユースホステル近辺の
海岸でオーロラがときどき見れるという情報を入手。
空を眺め、雲がないことを確認し、海岸へ。

IMG_5051.jpg
たまたま流れていた「戦場のメリークリスマス」を
無限ループで聞きながらオーロラを待つ。
神秘的な音色を聴いていると次第にオーロラが
あらわれてくる気がしてくる。
が、
氷点下の中、眼を凝らして空を眺め続けること30分。
結局オーロラが現れる気配すらなく、寒さが限界に達し退却。

IMG_5044.jpg
ユースホステルに戻ると先ほどのアメリカ人サントスに誘われ
なぜか卓球をすることに。
クラブに所属していたという彼はかなりのテクニシャンでした。
アイスランド一日目は卓球をして終了・・。

アイスランド二日目はゴールデンサークル。
スポンサーサイト

帰れば春

皆さんお久しぶりです☆
先週パリに戻って参りました。
戻ってくれば運河沿いではたくさんのパリジャンやパリジェンヌが。
そう今パリは春です。とても天気のいい日が続いています。

2月9日パリを出発し、ロンドンを経由して、アイスランドへ。
再びロンドンを経由して、16日にパリに。
翌日ポリトガルから遊びにきた
友達と三日間パリを練り歩き、今度はベルギーへ。
オランダまで北上したあと、26日にパリにもどり、今度は
日本から遊びにきた友達とパリを再び観光。
そして一緒に3月4日から九日間のイタリア旅行。
フランスに戻って一日休んでヴェルサイユ宮殿と
モンサンミシェルを歩きまわり16日に友達は帰国。
ほぼ一か月のロングトリップが終了。

北へ南へヨーロッパを縦断しました。
笑いあり、涙あり、多大な出費ありの充実した旅行でした。
たくさんの街を見ました。
たくさんの建築を見ました。
たくさんの人と出会いました。
そんな旅の一部始終をうまく記憶に収めるために、
ブログにて整理してみようと思います。

まずはロンドン・アイスランドから。。

旅の合間

IMG_6066.jpg
この前はアイスランドに行ってきました。
しかしオーロラは見れませんでした。
でも温泉と温水プールを満喫。

そして先週はオランダとベルギーへ。

明日からまた九日間イタリアに行ってきます。

ブログの更新をする暇がない。
帰ってきたらドギャーーーんと旅の模様を
伝えられたらなーと思っています。
おっと飛行機の時間だ。
ではでは行ってきます!!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。